バーチャルSNS clusterでオリジナルアバターを使う方法

バーチャルSNSのclusterでオリジナルのアバターを使用する方法をご紹介いたします。

clusterでオリジナルアバターを使用するには、unityを使用します。
unityでアバターをVRMファイル形式で書き出し、データをclusterのサイトにアップロードすると、使用することができます。
VRMは、3Dのキャラクターモデルの共通フォーマットです。

今回は、顔の表情やリップシンクなどは使用せず、簡単な方法をご紹介いたします。

バーチャルSNS cluster(クラスター)とは

cluster(クラスター)はスマートフォンやPC、VR機器などからバーチャル空間に集まって、会話したり、遊べるバーチャルSNSです。
自分でルームを作ることもできるので、イベントを主催することもできます。

clusterへのログインは簡単で、Twitter、Facebook、Google、Appleのアカウントでもログインすることができます。
メールアドレスアカウントでもログインできます。
ちなみに私はTwitterでログインしました。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

cluster(クラスター)のワールド内に入った画像です。

下記画像は、オリジナルアバターで入ったワールドです。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

下記画像は、おそらく大学のイベントのワールドに潜入した時の画像です。
この時使用したアバターはclusterのデフォルトアバターです。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

自分でイベントを作ることもできる。

会場内の画面に画像やpdfデータを写すこともできる。
バーチャルでオンラインセミナーを開くこともできます。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

clusterのデフォルトアバターは、現在5体選ぶことができます。
cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

VRMファイルの作り方

vrmファイルを作るにはunityが必要です。
色々なバージョンがありますが、今回2018.4.9を使用しました。

unityのダウンロード

unityのバージョンは2018.4.9f1を使用します。
unityの過去のバージョンはunityダウンロードアーカイブからダウンロードしましょう。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

uniVRMのダウンロード

次に、uniVRMが必要です。
uniVRMは、VRMファイルを作るための追加機能です。
このuniVRMをunityにインポートします。

uniVRMのインストールファイルはこちらのVRMのサイトのGitHubのリンクからunitypackageをダウンロードします。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

 

GitHubページからUniVRMをダウンロードします。
現段階では最新バージョンv0.60.0をダウンロードします。
AssetsのUniVRM-0.60.0_2b9d.unitypackageのパッケージをダウンロードします。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

uniVRMをunityにインポート

unityを立ち上げ、AssetsメニューからImport Package > Custom Packageを選択します。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

ダウンロードしたUniVRMファイルを選択します。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

unityにインポートします。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

unityでの設定

fbxファイルのインポート

Blenderなどで作ったモデリング、リグの設定をしたfbxデータと
テクスチャデータを、unityのAssetsフォルダにドラッグします。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

 

1. インポートしたfbxファイルを選択します。
2. InspectorのRigを選択します。
3. Animation TypeをHumanoidにします。
4. Applyをクリックします。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

Materialの作成

次にMaterialを作ります。
Assets内で右クリックをし、Create > Materialで新規にMaterialを作成します。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

MaterialのShaderをMToonにします。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

Materialを選択し、ColorのTextureにLit Color, AlphaとShade Colorにテクスチャをドラッグします。
右の色は影の色を変更できます。グレーにしました。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

fbxを選択し、作ったMaterialを「Remapped Materials」のbodyにドラッグします。
Applyをクリックするのも忘れずに。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

VRMファイルの書き出し

1.Assetsにあるfbxデータをドラッグします。
2.Hierarchyで選択
3.上のメニューのVRM
4.UniVRM- 0.60.0
5.Export humanoidをクリックします。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

 

VRM Exporterが立ち上がりますのでMetaをクリックします。
Informationの中の
TitleとVersionとAuthorに適当なものを入力します。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

Informationにこのように入力いたしました。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

ExportSettingsは、「Force T Pose」、「Pose Freeze」の両方にチェックを入れます。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

clusterサイトでの設定

VRMファイルをclusterサイトの右上のアカウントからアバターを選択します。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

アバターのアップロード

「アバターのアップロード」で、unityで書き出したvrmファイルをアップロードするだけです。
アップロードが完了すると下記画像のようにアバターが表示されるようになります。

cluster クラスター vr ar バーチャル 3Dモデリング blender unity

これで、clusterでワールドに入るときに、自分で作ったアバターを選択することができます。

最後までご覧いただきありがとうございました!