DIY 賃貸でもできる!部屋の壁が薄いので自作防音壁を作ってみた!

最近、引っ越しがあり、バタバタしていましたので、ブログの更新が遅れてしまいました。

今は引っ越しシーズンですが、賃貸住宅で隣の人の声や物音が聞こえたり、こちらの声がお隣に聞こえるのを気にしたりするのって凄くストレスになりますよね!?
そこで、いろいろ調べてみると、自分でも防音対策ができるということが知ったので、
やってみることにしました!

まず、防音素材には、音を跳ね返す遮音材音を吸収する吸音材がありまして、
どちから一方では防音効果があまり見込めないようです。
まず先に、壁に遮音シートを張ります。
吸音材を先に張って、その上に遮音シートを張ってしまうと自分が生活している空間が遮音シートと接することになってしまうので、音を跳ね返す遮音シートが部屋のなかで跳ね返り住みにくくなってしまうらしいです。
ですので、先に遮音シート、その上に吸音材(ロックウール)を張ります。

防音壁 断熱材 遮音シート 2×4 タッカー

遮音シートを張るにはタッカーが必須です。
このタッカーは、ホッチキスの芯のようなもので、壁への穴もほとんどわからないため、賃貸でも安心して使えます。
注意点としましては、タッカーを打つ時に「バシッ!バシッ!」と大きな音がしますので、お隣がお留守の時にするのがいいと思います。

防音壁 断熱材 遮音シート 2×4 タッカー


まず、キッチンの横の幅1mくらいの空間から防音壁を作っていきます。
下の写真は、遮音シートを壁に貼っている途中です。
この遮音シートは、割と重たいので、一度に全て張らずに、ハサミで何分割かに分けて張っていくと一人でも張ることができます。
効果はあるかどうかは、わからないですが、私は遮音シートを2重に張りました。

防音壁 断熱材 遮音シート 2×4

遮音シートを張り終わったら、その両端に床から天井までの長さの2×4の木材を立てます。
2×4は、ディアウォールで突っ張ることにしました。

防音壁 断熱材 遮音シート 2×4

 

遮音シートの上に吸音材としての役割のローックウールを張ります。
こちらもタッカーで張っていきます。

防音壁 ロックウール 断熱材 遮音シート OSB合板 コンパネ

その上に、OSB合板を張って完成です!
私はこのOSB合板を使いたかったため、これを使いました。

防音壁 ロックウール 断熱材 遮音シート OSB合板 コンパネ


そして次は、メインの部屋の壁を作っていくことにします。
幅2.4mくらい、天井までの高さ2.4mくらいの部屋です。
同じように、遮音シートをバシバシ張っていきました。

防音壁 ロックウール 断熱材 遮音シート

その上にロックウールを張っていきます。

防音壁 ロックウール 断熱材

写真には撮っていませんでしたが、先ほどと同じように2×4材を均等に4本立てています。
OSB合板を2×4の柱にビスで打って完成です!

 

防音壁 吸音 DIY 自作 遮音

そして、肝心の防音効果ですが、かなりの効果がありました!
防音壁を作る前は、お隣さんが電話でしゃべっている内容まで聞こえるほどの酷い状況でした!
ガタッガタッっと生活音も聞こえました。
しかし、今ではお隣さんが帰ってきているのかもわかりません!
お隣さんがしゃべっている声も耳を澄ませても低音がかすかに聞こえる程度で前とは雲泥の差です!

ほんとに作ってよかったです!!

私が知っている防音壁への知識は、この記事でご紹介いたしましたことのみで、全くの素人です。
申し訳ありませんが、ご質問などはお答えすることができませんのでご了承くださいませ!

最後までご覧いただきありがとうございました!