Blender 3Dスキャンしたハイポリゴンからローポリゴンにテクスチャをベイクする方法

LiDAR(ライダー)センサーのあるiPhoneやiPadでScaniverseアプリで3DスキャンしたものをBlenderで開き、

ポリゴン数が多いので、Blederでローポリゴンを作りテクスチャを焼き付けたいと思います。

今回3Dスキャンしたものは、公園にあった球体のオブジェです。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

球体オブジェをBlenderで開きました。
必要なのは球体部分のみです。かなりのハイポリゴンです。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

ローポリゴンの球体を作ります

UV Sphereを追加します

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

ハイポリゴンの球体を覆い隠すぐらいの大きさに調整します。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

ローポリ球体に新規マテリアルを追加します。
Newからマテリアルをつくります。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

マテリアルを作りました

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

ローポリ球のUV展開をします。
右クリックを押し、MarkSeamを使います。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

ローポリ球を全選択し、Uキーを押し、Unwrapします。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

左にUV展開できているのがわかります。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

Shadingタブに移り、ローポリ球を選択し、ImageTextureノードを作ります。
サイズを設定し、空の画像を作ります。512×512にしました。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

ImageTextureノードを選択したままにします。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

次に、アウトライナーを見ます。
ハイポリゴンを選択したままCtrlを押しながらローポリゴンの球を選択します。
後に選択したものが、薄いオレンジ色になります。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

レンダープロパティのレンダリングエンジンをCyclesにします。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

下に行き、Bakeタブを開き、Bake TypeをDiffuseにします。
ContributionsをColorのみチェックします。
SelectedActiveのチェックを入れます。

以上でBakeボタンを押します。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender bake

最初に作った空のUVテクスチャに、ベイクされているのが分かります。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender

ImageTextureノードをBaseColorにつなげると、ローポリ球体に反映されます。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender

左側は、元のハイポリゴンで、右側がローポリゴンの球です。

ハイポリゴン ローポリゴン テクスチャベイク Blender

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。