Windows11のInsider Preview版をインストールしてみた

マイクロソフトから久々の大幅アップデートが来ました。
まだ正式ではないですが、Windosw11のインサイダープレビュー版です。

まだ開発途中のOSですので、PCが動かなくなったりする可能性もあるので、アップデートする方は、メインPCでしないほうがオススメです。
される場合は、自己責任でお願いいたします。

Windows11へのアップデートの条件は、1GHz以上、2コア以上の64bit互換プロセッサや、4GHz以上のメモリなどありますが、ここ最近購入したPCであれば、大丈夫のようです。

Windows11のインストールは、TPMがTPM2.0の必要があります。
特に、自作PCの方は、UEFI(BIOS)の設定で、TPMの設定がオフになっている場合が多いようです。
これを有効にしないとWindows11のインストールができないようです。

UEFI(BIOS)設定でTPM2.0を有効にする

TPMの設定は、UEFI BIOSモードでIntel CPUと、AMD CPUで名前が異なります。
TPMは、AMDならfTPM、IntelならPTTの表記になります。

AMD CPU(Ryzen2600)

PCのスペックは、Ryzen5 2600 6コア、メモリ16GB、Nvidia GTX1080です。

アドバンスドからCPU設定に入ります

ASRock uefi bios amd ryzen

fTPM switch無効になっていたので、有効(AMD CPU fTPM)にします。

ASRock uefi bios amd ryzen

Intel CPU(Core i7 8700)

続いて、Intel CPUで試してみます。
PCのスペックは、Intel Core i7 8700 6コア、メモリ64GB、Nvidia RTX2070 Super

intel CPUでもUEFI(BIOS)モードで、TPM2.0に変更しました。
intel CPUの場合は、PTTの表記です。

UEFI BIOSモードに入ります。
Advanced Modeを選択します。

Asus uefi bios amd intel cpu

詳細からPCH-FW Configurationを選択します。

Asus uefi bios amd intel cpu

TPM Device SelectionからdTPMPTTに変更します。
これで、TPM 2.0に変更できました。

Asus uefi bios amd intel cpu

以上で、AMD Ryzen CPU、Intel CPUのTPM2.0に変更できましたので、Windows11パブリックベータ版のインストールができる準備ができました。

Windows Insider Program(ウィンドウズインサイダープログラムへの参加)

次に、Windows11をインストールをするのに、インサイダープログラムに参加しないといけません。

設定からWindows Insider Programをクリックします。
開始をクリックします。

Insiderの設定が、3つありますが、今回はDevチャンネルを選択して確認ボタンを押します。
Devチャンネル
・ベータチャンネル(推奨)
・リリースプレビューチャンネル

次に、設定のWindows Updateを選択すると、Windows11 Insider Previewがダウンロードできる状態になっています。

なんやかんやで1時間くらいかかりました。
UIが綺麗になって使っていて楽しいです。動作も気のせいかもしれませんが、軽くなったような感じがします。
今のところ、不具合は見当たりませんのでしばらく使ってみようと思います。